2006年9月24日 (日)

会ニュース

戦争協力の大津市国民保護計画に、市民の意見を

○自衛隊参加の有事訓練を行うな

○住民の避難・誘導に自衛隊を使うな

○訓練への参加を強制するな

○ジュネーブ条約追加議定書に基づく「軍民分離原則」とハーグ条約に基

づく「文化財の強化保護」指定を保護計画に盛り込め

 市民の皆さん。大津市は、有事法制のひとつの柱で平時から国民を戦争協力

に導く国民保護法に基づき、大津市国民保護計画の素案を8月末に決定しました。

その内容は、政府の策定した「国民保護市町村モデル計画」のまったくの引き写

しです。地域防災計画と重複しており、相違点が不明のまま、住民避難に「自衛隊

による住民の誘導を要請する」と市の計画に明記し、平時の訓練から「有事訓練」

として自衛隊と行政・市民の協力関係を築く、戦時体制づくりを促進するものに

ほかなりません。

 素案は、市のホームページで公開されています。是非、市民の皆さんの疑問と

意見を市に集中しましょう。http://www.city.otsu.shiga.jp/contents/7d661d0e1a2d285/7d661d0e1a2d2856.htm

総合防災課メール(otsu1223@city.otsu.lg.jp)

9月市議会での大津市の答弁

 9月市議会で塚本議員(共産党)が国民保護計画についての質問を行いました。

市の答弁は・国が決めた法律だから ・ジュネーブ条約の信じられないほどの全

くの無理解(77年以降の議定書を無視または無理解)・市の素案に「避難に自衛

隊が先導」と明確に書いてあることについて、軍民分離原則に反していると質

問しているのに、このことを無視し「意見を聞くため」と見当違いの答弁 ・また、

自衛隊に意見を聞くといいながら実は自衛隊は計画策定の計画部会に一度も

出席せず意見も言っていない事実を隠す、など主体性の無いひどいものでした。

 今後は、このはこの答弁の矛盾をつきつつ、大津市の国民保護計画の特徴と

して出した文化財保護をハーグ条約・議定書の保護指定へと方針化させていく

ことをはじめ、市国民保護フォーラム(10/7開催)などで意見表明し国民保護計画

実質化の歯止めをかけていきます。

大津市民の会学習会 10月5日(木) 19時~21時 明日都浜大津

「文化財保護から非戦のまちづくりを~ハーグ条約・議定書の文化財保護に学ぶ」

ハーグ条約・議定書は文化財保護の無防備地域宣言というべきもので、文化財保

護のために軍事施設の分離を定めています。日本政府に批准させ、非戦のまちづ

くりにいかしましょう!

※※※無防備地域宣言をめざす大津市民の会  06/9/23※※※  

520-0047 大津市浜大津4丁目1-1 大津市市民活動センター内 NO.24

|

2006年3月 5日 (日)

会ニュースNo.44

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
戦争をなくす! 私たちの街を憲法9条と国際人道法で非戦の地域に!
  大津市民の会ニュース    06/3/4    NO.44
メール:muboubi-shiga@mbp.nifty.com 
ホームページ: http://muboubi-shiga.way-nifty.com/otsu/  
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


2月市議会(2/22~3/16)へ請願と審議を要請
「自衛隊のイラクからの完全撤退を国に求める」請願と 
住民民を守らない、戦争協力の「国民保護」条例・計画のストップを求め要望書提出


 市民の皆さん。昨年は、大津市・平和無防備都市条例の直接請求と一連の議会審議・
傍聴へのご協力ありがとうございました。昨年末のニュース号外でお知らせしましたよ
うに、大津市民の会は非戦の大津をめざして、1月から活動を再開しています。今後と
も、ご協力をよろしくお願いいたします。

☆☆住民保護にならない戦争協力の国民保護法・国民保護計画☆☆

「国民保護法」ってご存知ですか。「国民保護」という名前と裏腹に、国民に戦時訓練
を強要し市町村ぐるみで戦争に協力させる体制を作り上げるものです。戦争国家づくり
を進める有事法制のひとつとして04年6月に成立し、今年全国の市町村で戦争協力の
市町村「国民保護計画」が作られようとしています。大津市でも、この2月市議会に計
画策定のための「大津市国民保護協議会設置条例」が提案されています。
国民保護法では、「武力攻撃4類型」(①着上陸攻撃②ゲリラや特殊部隊攻撃③弾道ミ
サイル攻撃④航空機攻撃)を定めています。しかし、このような攻撃は現在想定できま
せん。また本格的な攻撃が行われた場合、30万大津市民が避難することは不可能です
。事実、「ミサイル攻撃は屋内避難しかない」(消防庁国民保護室長)とし、事実上国
民保護計画は役に立たないことを露呈しています。

☆☆戦前の防空法と同じ戦争への道 
     自衛隊参加反対・国民保護計画にNOを 要望と請願☆☆


 この「国民保護法」は、戦争を前提にして国民にいたずらに不安感を煽り、「戦争協
力意識」を植え付けようとしています。国民保護法は、保護計画の策定、実働訓練など
を定めています。
戦前の1937年に制定された「防空法」は、国民に防空の名の下に「防空演習」「避
難訓練」を繰り返し、国家総動員の戦時体制を作り上げ、国民が戦時体制に全面的に協
力する役割を果たしました。この「国民保護法」によって同じ戦争協力への道を歩むこ
とは許されません。
市町村に設置される予定の国民保護協議会は一旦できると、市民や議会は関与できませ
ん。作成される計画は市議会へは報告のみです。また協議会に自衛隊が参加する可能性
があります。
戦争協力の国民保護計画づくりをストップをさせるため、大津市民の会では、別紙「国
民保護計画に関する要望書」を大津市長あて提出し、市会議員に対しても要請を行って
います。また、5月撤退と表明されている陸上自衛隊だけでなく、米軍の月120回以
上のイラク空爆に手を貸している航空自衛隊も含め、イラクから完全に自衛隊を撤退さ
せるよう国に市議会として求める請願も行っています。

☆☆☆3月10日(金) 大津市議会総務常任委員会にて、国民保護と自衛隊撤退の請願が
審議されます。他の議案と一緒に審議されますので時間帯はまだ未定ですが、傍聴希望
の方はご連絡ください。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


※※※3/3政新会・園田議員の暴言問題 再々度申し入れを行う 3/9に面談※※※
園田寛市会議員が、昨年の無防備条例審議の総務常任委員会で「無防備地域を攻撃して
みたい」という暴言を行った問題で、「要請文書は配布している。これから会派として
検討する」(12/22政新会堀井副幹事長)としたにもかかわらず政新会及び園田議員本人
から全く返答がないため、3月3日に再々度会の申し入れを行いました。当初、園田議
員は「議会での発言は議会で」と市民に対しての説明は無用という態度を示しましたが
、会の追及に3月9日に話し合いを持つことになりました。※※※※※※※

[お知らせ]
◎昨秋の平和・無防備条例直接請求運動の記録集を作成。A4版98頁。手製ですが議会
審議記録等全記録収録しています。ご入用の方は連絡をしてください。会財政赤字のた
めカンパ込み1000円でお願いしています。

| | トラックバック (0)

2005年12月23日 (金)

会ニュースNO.43

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
大津市平和・無防備都市条例実現へ!
大津市民の会ニュース   05/12/22 NO.43
(連絡先:〒520-0043 大津市中央4-1-14 ℡/FAX077-522-9898  会携帯090-7763-6507)
メール:muboubi-shiga@mbp.nifty.com 
ホームページ: http://muboubi-shiga.way-nifty.com/otsu/
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 12/22市議会本会議(賛成7退場1反対28)条例案否決
傍聴のべ60人  平和・無防備都市条例制定へご協力ありがとうございました。
戦争協力の国民保護計画に反対し、市民の平和的生存権実現へさらに奮闘します

 12月22日(木)に、市議会本会議が開催され、無防備条例は賛成7人退場1人反28人で否決となりました。
 私たちの条例実現という目的は残念ながら達成することはできませんでした。しかし
、軍隊のない地域と平和的生存権を実現するために条例請求という市民から提案し力を
結集することができました。法定数の2.6倍の署名数は、市民の平和意識を大きく呼び
起こしました。その声に支えられ、議会では大津市議会史上初の直接請求による市民の
意見陳述が行われ、市議会本会議場に「平和の風」を吹かせました。
 自衛隊を第一義的とし市民の平和と安全は二の次とする市長も「市民の平和への熱意
を理解」と表明し、また傍聴にはのべ60人の市民がかけつけ、市議会議員のほとんど
が傍聴した総務常任委員会でも市当局は「平和事業の充実」「(平和施策での)自治体間
の連携」を表明しました。12,312人の市民の声を否定した市議会と市当局には、
それを上回る平和事業と市民の平和的生存権実現のための責務が生じました。
 この運動はまた、地方自治と住民主権を拡充する取り組みでもあり、「市は国を向い
て仕事をしており、市民を見ていない」「市民の目線で考える議員があまりにも少ない
」と多くの市民が今後も市議会の市民監視の必要性を感じました。
 今後、市民の会は、この四ヶ月にわたる運動の概要をまとめ、条例制定運動としては
整理をしたうえで、無防備地域宣言実現へむけた取り組みを継続して行っていきます。
ご協力いただいた皆さん、本当にありがとうございました。以下、本会議討論要旨。(
本会議では2会派のみ)

政新会(園田議員)署名は一定の評価をするが①条例は法令(地方自治法、国民保護法
、自衛隊法等)に反する②地方公共団体は宣言できない③この条例で安全を保障できな
い(条約不参加国 アフガンでの病院攻撃等米軍の蛮行)ので反対。
共産党(八木議員)条例は自治権、条例制定権の範囲内であり、ジュネーブ条約からし
ても地方公共団体が制定することを妨げていず、政府は宣言を承認しなければならない
。市民の平和と安全を守るため条例の制定を。

※政新会園田議員の①②については、条例案とジュネーブ諸条約の自国民保護の意図的
無理解によるものですが、③については、ジュネーブ条約に違反する米軍の蛮行を「こ
れが現実」と免罪し正当化した上で、条約違反者を処罰し国際人道法による法の支配を
通じて世界・地域の平和と安全を確保しようとする取り組みを切り捨てる本末転倒かつ
法秩序の破壊と住民殺戮を容認する犯罪者の論理にすぎません。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
政新会・園田議員 本会議で暴言撤回せず さらに侮辱発言
   12/20申し入れ 12/22本会議終了後にも再度政新会へ申し入れ 

園田寛議員は、22日本会議でも政新会を代表して条例に反対する討論を行いました。
その際、総務常任委員会での「無防備地域を攻撃したい」という発言の謝罪はせず、さ
らに「平和という言葉で思わず署名した人もいるのではないか」と直接請求署名そのも
のを侮辱するような発言をしました。会として、20日の発言撤回の要請に続き、本会
議終了後政新会幹事長に再度会派として見解を明らかにするよう申し入れました。政新
会は「要請文書は配布している。これから会派として検討する」(堀井副幹事長)と応え
ました。会として、発言の撤回と謝罪を求めていきます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

◎園田議員発言を撤回させよう!
ハガキ・手紙「〒520-8575大津市役所議会事務局気付    ファクス 077-521-0
409(大津市議会事務局)
大津市ホームページ市民の声 http://www.city.otsu.shiga.jp/voice/index.htm

☆☆☆無防備地域宣言を実現するつどいにご参加を!☆☆☆
12月23日(金)14時~ 明日都浜大津4階小会議室
基調 条例制定運動の概括と今後の取り組み
報告 (仮題)国民保護法は対テロ戦を支える戦争体制づくり
        ~福井国民保護実働訓練から~ 桝田氏(全国ネット)

| | コメント (38)

2005年12月19日 (月)

会ニュースNO42

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 大津市平和・無防備都市条例実現へ!
大津市民の会ニュース   05/12/19 NO.42
(連絡先:〒520-0043 大津市中央4-1-14 ℡/FAX077-522-9898  会携帯090-7763-6507)
メール:muboubi-shiga@mbp.nifty.com 
ホームページ: http://muboubi-shiga.way-nifty.com/otsu/
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 12/19市議会総務常任委員会 条例案を否決
ジュネーブ条約の文民保護の主旨を無視し、主体的判断を放棄した市当局

 12月19日(月)に、市議会総務常任委員会において午前10時から正午まで2時間「大津市平和・無防備都市条例案」の審議が行われ、条例案賛成者少数(9名中2名)のため総務常任委員会では否決となりました。
市当局の答弁は、①国の見解から地方公共団体は無防備地域宣言をできない。国防に一定の制限を加えることはできない②地方自治法に抵触する、をかたくなに繰り返すのみで、市民の平和と安全を守るための市としての主体的判断を一切回避しました。一方、「(有事の際)国民保護法・武力攻撃事態法に基づき、国と協力する対処義務を負っている」と戦争のための有事法制は忠実に遂行することを表明しています。「自治体が宣言できる困難な状況とは無政府状態であり、その場合は通告すべき相手がいないので、自治体が宣言をするのは不可能」「ジュネーブ諸条約は国と国との取り決め」などジュネーブ条約第一追加議定書の自国民保護を定めた主旨を意図的に無視した発言をしています。さらに、大和市の住民基本条例については「各自治体が判断するもの」とし、非核神戸方式については「法律的にはとうてい有効とは言えない」と切り捨て、自衛隊について「軍隊であるか否かは判断を差し控えるが、その機能は持っている」としました。委員会での議員と市当局のやり取りなど詳しい審議内容は後日まとめてお知らせします。以下、各会派の意見の概要。

政新会(園田議員)①条例の有用性・効果がない。ジュネーブ条約は守られていない②地方公共団体は宣言できない③条例は法令(地方自治法、国民保護法、自衛隊法等)に反するので反対。
市民ネット21(安田議員)それぞれの議員の思いを大切にしたい。攻められた時は助け合い協力すべき。条例に反対。
市民ネット21(清水議員)賛成。自治体としての主体性を持ち、平時から平和を作り古都大津の文化財を守り、121,312人の思いを受け止め世界へ日本へ平和を発信するために条例制定がスタートである。
公明党(高橋議員)条例に反対。戦時国際法は有事に生命を守るものとしては問題がある。国の見解からも宣言は非現実的であり、制定した自治体はない。12,312人の平和への強い願いは受け止める。
共産党(節木議員)憲法の平和主義に基づくもので自治体が戦争非協力を貫くことに有効である。12,312人の署名には大津市民の願いがこめられている。住民の安全を守る地方自治の本旨にかかわることであり、積極的に賛成する。

(傍聴参加者感想)「悲しくて涙が出た。二つに一つ。条例を作って幸せなのか不幸せなのか聞きたい」(女性)「攻めてみたいという園田議員の発言は許せない。抗議し撤回を」(多数)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
政新会・園田議員の暴言に抗議を! 発言を撤回させよう!
 「そういうところ(無防備地域)があったら攻めてみたい」

園田寛議員は、委員会最終の会派代表としての意見表明の中で、無防備条例を否定するために、あろうことか「(無防備地域は)格好の攻撃材料である。私であっても、なんかそういうところがあれば、攻めてみたい」と暴言を吐きました。武装していない地域は、攻撃し殺すという好戦論丸出しの論理です。会場の傍聴に来ていたPTA会長から、あなたの言っていることは、下校中の無防備な女の子は襲うということと一緒だ」と非難の声があがりました。全くそのとおりで、住民を保護するのではなく、相手を攻撃の対象としてしか見ず住民を殺戮するイラクの米軍と同じ立場であることを明らかにした発言です。この発言は、個人が冗談として言ったのではなく、有権者の付託を受けた市会議員として不見識極まりない発言であり、また委員会という公式の場での発言であるため、断じて許すこのできないものです。そして、また、政新会代表としての発言であるので、政新会しての見解も質すことも含め、会として抗議し、発言の撤回を求めます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

◎園田議員発言に抗議を!
ハガキ・手紙「〒520-8575大津市役所議会事務局気付   
ファクス 077-521-0409(大津市議会事務局)
大津市ホームページ市民の声 http://www.city.otsu.shiga.jp/voice/index.htm

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
議会傍聴 採決 12月22日(木) 
14時~ 13時30分市役所新館1階ロビー集合

☆☆☆無防備地域宣言を実現するつどいにご参加を!☆☆☆
12月23日(金)14時~ 明日都浜大津4階小会議室
基調と今後の取り組み
報告 (仮題)国民保護法は対テロ戦を支える戦争体制づくり~福井国民保護実働訓練から~ 桝田氏(全国ネット)

☆☆以下は、抗議文です。☆☆

                          
大津市議会議長         様
大津市議会総務常任委員長    様
政新会幹事長         様
大津市議会総務常任委員 園田寛様
大津市議会事務局長      様

                     無防備地域宣言をめざす大津市民の会
                      共同代表     川端 諭
                                 大山 修司

12月19日、大津市平和・無防備都市条例案が総務常任委員会で審議された。
 各会派討論において、政新会の園田寛総務常任委員は、「非戦論者の私でさえ」と前置きし、(無防備宣言地区は)「格好の攻撃材料」であり、「なんかそういうところがあったら攻めてみたい」と発言した。この発言は、議会の品位をおとしめるものであり、下品極まりない。断じて許すことはできない。
 発言の撤回はもとより、12,312名の署名をした市民と全ての市民に対して謝罪を要求する。
 園田委員の発言は、条例の審議内容とは無関係な、まさに好戦勢力そのものの発言に他ならない。
 「攻撃する」先には多くの人々の生活があり、生命が存在する。「攻めてみたい」との発言は、決して許されるものではない。この発言は、街中を歩く女性や下校途中の幼い女の子を「襲いたい」と言っているに等しい。
 以下の点に回答されるとともに、具体的に対処されたい。

                            記

1. 政新会及び園田委員宛
園田委員の発言は、政新会としての討論であったのかどうか、明らかにされたい。
 本会議での謝罪と発言の撤回を政新会あるいは当該委員に対し要求する。
 
2. 総務常任委員会委員長宛
 不適切な発言は制止すべきであり、発言の撤回と謝罪を要求すべきであるが、いかがお考えか。

3. 議長宛
 大津市議会の品位をおとしめるものであり、議長は当該委員に対し、謝罪と発言の撤回を求めるべきである。いかがお考えか。

4. 議会事務局宛
 当該委員の発言を大津市当局としていかがお考えか、見解を示されたい。
 大津市として謝罪と発言の撤回を求められたい。

| | コメント (12)

2005年11月28日 (月)

会ニュースNO.40

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
大津市平和・無防備都市条例実現へ請求署名を大きく成功させよう!
大津市民の会ニュース   05/11/29 NO.40
(連絡先:〒520-0043 大津市中央4-1-14 ℡/FAX077-522-9898  会携帯090-7763-6507)
メール:muboubi-shiga@mbp.nifty.com 
ホームページ: http://muboubi-shiga.way-nifty.com/otsu/
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 議会日程決まる!多くの皆さんの傍聴を!
12/5開会 市長意見書 12/9請求代表者意見陳述 12/19総務常任委員会
 
12月大津市議会の日程が決まりました。武力で解決する戦争国家への道をあゆむ政府
の立場に立つのか、主権者市民の声を聞き市民の生命と安全を第一に考える地方自治体
の責務を果たす立場にたつのかが鋭く問われる議会となります。ぜひ、多くの皆さんの
傍聴で、大津市の姿勢と議会・議員の発言・審議内容に注目しましょう。

※※※大津市議会12月定例会(※総務常任委員会以外は本会議場にて開催)※※※
開会 12月5日(月)10時~ 
※市長の意見書を付しての条例案提案は11時近くになりそうです。
10時市役所新館1階ロビー集合 議会傍聴入り口は本館北側で山側の3階と4階の間
です。
請求代表者意見陳述 12月9日(金)10時~ 
9時30分市役所新館1階ロビー集合 傍聴入り口は同上 
総務常任委員会 12月19日(月) 10時~  大津市役所新館7階特別会議室
 9時20分市役所新館1階ロビー集合 傍聴は直接7階特別会議室へ
採決 12月22日(木) 時間は未定 通常であれば午後2時開始が慣例

 市長、市議会議員に条例制定の要請を!市民の声を!

 大津市がこの条例を制定すると全国で初めてになります。議員の皆さんが、過去の他
都市市議会審議を踏まえ、理性的で歴史に残る判断を下すよう、市民の力を合わせまし
ょう!市長、議員へ市民の声を届けましょう!
 会では市議会各会派に要請をおこなっています。そこでは最大会派の政新会、市民ネ
ット21、公明党は「資料を配っただけで会派として話をしていない」(政新会、市民
ネット21)「気持ちは理解するが、これから検討する」(公明党)という対応でした
。共産党は「賛成の立場で討論する」と表明しました。

◎議員へ「条例を制定してください」の市民の思いを届けよう
ハガキ・手紙 
「〒520-8575大津市役所議会事務局気付 市会議員○○様」宛てに送りましょう
ファクス 077-521-0409(大津市議会事務局) 必ず○○議員宛と明記して
ください
◎市長へは 「〒520-8575大津市役所 大津市長 目片信様」として送りましょう
 大津市ホームページ市民の声 http://www.city.otsu.shiga.jp/voice/index.htm

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
12月1日(木) 19時~事務所 市民の会第16回運営会議
12月5日(月)  大津市議会開会 10時~ 市長意見書  
      19時~ 会事務所 条例を実現するつどい 
      「市長意見書に対する会の見解と今後」

☆☆☆平和・無防備都市条例を実現するつどい☆☆☆
12月11日(日) 14時~  明日都浜大津5階中会議室   参加費300円
 総務常任委員会審議を前にして、市長意見書と請求代表者意見陳述及び議員発言から
大市議会の論点を明らかにします。全員集合!

| | コメント (0)

2005年11月24日 (木)

会ニュースNO.39

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
大津市平和・無防備都市条例実現へ請求署名を大きく成功させよう!
大津市民の会ニュース   05/11/22 NO.39
(連絡先:〒520-0043 大津市中央4-1-14 ℡/FAX077-522-9898  会携帯090-7763-6507)
メール:muboubi-shiga@mbp.nifty.com 
ホームページ: http://muboubi-shiga.way-nifty.com/otsu/
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

11/22条例制定本請求しました
いよいよ12月市議会(12/5開会 市長が意見書をつけ提案)
 条例実現各地域のつどいにご参加ください  12/5議会傍聴を
市長、市議会議員に条例制定の要請を!市民の声を!

 11月22日、10時15分に大津市長に対し、「大津市平和・無防備都市条例」を
12,312人(有効11,039人)分の署名簿を添えて本請求しました。
大津市側は、市長のほかに総務部長、総務部政策監が同席しました。会からは共同代表
、請求代表者等計6名が出席し、マスコミは5社が取材しました。会から、「12,3
12人分の市民の願いを重く受け止め、条例を制定して欲しい」と条例制定請求書と市
長宛要望書を手渡しました。会の共同代表、請求代表者からそれぞれこの条令案や署名
収集時の市民の声などが語られました。これに対し市長からは「1ヶ月間ご苦労された
12,312人の思いを受け止めて、議会にピシッと提案させていただく。議会の議員
の皆さんも受け止めて頂けるのではないか。(結論は)議会で議論され、お示しいただけ
ると思う。」と述べました。
 市長は「受け止める」とは言いましたが、条例案への賛否は明らかにしませんでした
。会では、市長が賛成の意見書をつけて議会へ提案するよう、市民の声を市当局に対し
て集中するよう呼びかけます。

12月5日に市議会開会 市長に、市会議員に条例可決を要請しよう 
 本会議を傍聴しよう

 12月5日(月)は12議会の開会日です。市長が平和・無防備都市条例を意見書を
つけて議会に提案します。ぜひ多くの市民の皆さんの傍聴をお願いします。※時間、集
合場所は決定次第ただちにお知らせします。

◎議員へ「条例を制定してください」の市民の思いを届けよう
ハガキ・手紙 「〒520-8575大津市役所議会事務局気付 市会議員○○様」宛てに送り
ましょう
ファクス 077-521-0409(大津市議会事務局) 必ず○○議員宛と明記して
ください
◎市長へは 「〒520-8575大津市役所 大津市長 目片信様」として送りましょう
 大津市ホームページ市民の声 http://www.city.otsu.shiga.jp/voice/index.htm
◎市議会を傍聴してください(詳しい日程は決定次第おしらせします)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
11月24日(木)25(金) 議員要請行動 12時30分新館1階ロビー集合

ぜひご参加下さい! ☆☆☆条例実現!地域のつどい☆☆☆
☆議会の論点や議員・市長要請など市民ができることを話しあいます
11月26日(土) 14時~ 瀬田公民館2階視聴覚室 19時~ 大津福音教会(日吉台二丁目)
11月27日(日) 14時~  ミニコープ西大津2階 14時~  瀬田公民館2階視聴覚室

12月1日(木) 19時~事務所 市民の会第16回運営会議
12月5日(月)  大津市議会開会 市長意見書  ※集合時間等決定次第お知らせします
19時~ 会事務所 条例を実現するつどい 「市長意見書に対する会の見解と今後」

12月11日(日) 14時~ 条例を実現するつどい 明日都浜大津5階中会議室
       請求代表者意見陳述と総務常任委員会審議を目前にして、市長意見書と
議員発言から大市議会の論点を明らかにします。全員集合!

12月12日(月)~14日(水)のうちいずれかの日に請求代表者意見陳述(市議会本会
議)
12月19日(月) 無防備条例審議のための総務常任委員会開催   ※議会日程は予定で
す 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

| | コメント (0)

2005年11月20日 (日)

会ニュースNO.38

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
大津市平和・無防備都市条例実現へ請求署名を大きく成功させよう!
 大津市民の会ニュース   05/11/20 NO.38
(連絡先:〒520-0043 大津市中央4-1-14 
℡/FAX077-522-9898  会携帯090-7763-6507)メール:muboubi-shiga@mbp.nifty.com 
ホームページ: http://muboubi-shiga.way-nifty.com/otsu/
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 11月22日市長に条例制定の本請求
 有効署名11,039人分確定(11/18)

  条例実現各地域のつどいにご参加ください! 
  市長、市議会議員に条例制定の要請をしましょう
!

 10月21日(金)に提出した署名は、選挙管理委員会の審査と縦覧を終えて、11月
18日(金)に当会あてに大津市選挙管理委員長から署名簿が返付されました。
 提出署名12,312人(当初12,313人としていましたが、当会の集計の手違
いがあり、実際には12,312人分でした。)に対し、有効署名11,039人で法
定数4,738人の2.33倍となりました。無効になった署名も、未成年者や市外居
住者、在日外国人の方がほとんどであり、法律上無効とされてはいますが、税金を払っ
ている市民または昼間居住者で当会では本来有効とされるべきものと考えています。

 22日に本請求 12月5日に市議会開会 市長に、市会議員に条例可決を要請し 
ましょう

 当会では、22日(火)に大津市長に対し、11,039人分の有効署名を添えて条例
の本請求を行います。当会では、その後市議会正副議長、総務常任委員長、議会運営委
員長、各会派幹事長に要請・面談を行います。
 市当局と市議会が、真摯にこの署名を受け止め、しっかりした議論を行い、条例を制
定するよう市民の力を合わせ、市長や議員に皆さんから要請することが必要です。 議
員、市当局へ、条例を制定するよう市民の声を届けることを呼びかけます。
 19日(土)には、中部地域のつどいを開催し、「いい加減に審議されたら困る」と参
加された受任者の一人は15枚の要請ハガキを持ち帰られました。

◎議員へ「条例を制定してください」の市民の思いを届けよう
ハガキ・手紙 「〒520-8575大津市役所議会事務局気付 市会議員○○様」宛てに送り
ましょう

◎地域のつどいに参加しよう 議会の論点や議員・市長要請など市民ができることを話
しあいます

◎22日(火)本請求報告のつどい(19時~明日都浜大津)にご参加を

◎市議会を傍聴してください(詳しい日程は決定次第おしらせします)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
11月22日(火)市長へ条例本請求 9時45分市役所新館1階ロビー集合
        10時15分市長室(秘書広報課)
            請求後記者会見(市政記者室)
      その後 議会事務局・議員控え室にて議員要請行動 

      条例実現!本請求報告のつどい 19時~ 明日都浜大津4階小会議室
                      本日の報告と議会論点学習会
条例実現!地域のつどい
11月26日(土) 14時~ 瀬田公民館(予定)      19時~ 大津福音教会(日吉台二丁目)
11月27日(日) 14時~  ミニコープ西大津2階 14時~  瀬田公民館(予定)

12月5日(月)  大津市議会開会 市長意見書予定  
       19時~ 条例を実現するつどい 会事務所
12月11日(日) 14時~ 条例を実現するつどい 明日都浜大津5階中会議室
       請求代表者意見陳述と総務常任委員会審議を目前にして、市長意見書 
      と議員発言から大市議会の論点を明らかにします。全員集合!
12月12日(月)~14日(水)の内いずれかの日に請求代表者意見陳述(議会本会議)
12月19日(月) 無防備条例審議のための総務常任委員会開催予定   
    ※議会日程は予定です 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

| | コメント (0)

2005年10月22日 (土)

会ニュースNO.37

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
大津市平和・無防備都市条例実現へ請求署名を大きく成功させよう!
大津市民の会ニュース   05/10/22 NO.37
(連絡先:〒520-0043 大津市中央4-1-14 ℡/FAX077-522-9898  会携帯090-7763-6507)
メール:muboubi-shiga@mbp.nifty.com 
ホームページ: http://muboubi-shiga.way-nifty.com/otsu/
         ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 10月21日平和・無防備条例制定へ
 署名12,313筆を市役所へ提出!!

 ☆☆12,313=1(いちず)2(に)31(サイン)3(さあ)制定! ☆☆

 さあ、条例制定の第二ステージ  市役所・議会に、署名に刻まれた
 市民の非戦の願いを真摯に受け止めさせ、歴史に残る審議と条例可決を実現しよう!

 10月21日(金)、10時に「大津市民の会」の共同代表と請求代表者等7名で、大
津市選挙管理委員会に1ヵ月間の署名活動の成果~市民の非戦の願いが刻まれた12,
313筆の署名を提出しました。
16日の署名終了後も、約1,000筆の署名が届けられ、法定数(9・2大津市選管
告示4,738筆)の2.6倍、目標の約62%になりました。
 受任者をはじめ署名に協力していただいた皆さんに、改めてお礼申し上げます。
 
 提出に際して、当会は「声明文」(下記要旨)を読み上げました。市からは大津市選挙
管理委員会徳永委員長が対応しました。

 今後、この署名は選管の審査と縦覧期間を経て、11月18日には有効署名が告示さ
れ、5日以内に条例制定の本請求を行います。それを受けて大津市は20日以内に議会
を招集する運びとなります。「市民の会」では、議会が始まるまでに、市議会会派・議
員、市当局への要請を行います。また、報告の第3号ビラを作成し、受任者の皆さまへ
報告するとともに、議員、市当局へ、条例を制定するよう市民の声を届けることを呼び
かけます。市当局と市議会が、真摯にこの署名を受け止め、しっかりした議論を行い、
条例を制定するよう市民の力を合わせましょう!

   ☆☆☆☆☆☆声明文☆☆☆☆☆☆☆  
        2005年10月21日 無防備地域宣言をめざす大津市民の会
 (略)この署名は、250名を超える受任者の方々が、街角で、自ら居住する地域で、
職場で、サークルで、家庭で平和について考え、話し合い収集してきました。
 署名期間中、多くの市民の口から、総選挙結果をみて政府の進める憲法の全面改悪と
戦争国家づくりへの強い危惧が語られ、それは絶えることはありませんでした。また、
東京大空襲や広島での原爆を体験された方、南方戦線へ従軍された方、満蒙開拓団での
筆舌に尽くしがたい体験など胸にしまっていた戦争体験が語られ「二度と戦争はしては
いけない」という言葉とともに署名される方が数多くおられました。一方、子どもをも
つ母親たちは、「子どもを戦争に行かせないために」と、戦争をする国への危機感を具
体的に表し、署名をしてくださいました。大学生から高齢の方まで、実に多くの方が、
自分の言葉で平和を語り、署名を広げました。

 この署名簿に刻まれた12,313筆は、イラク派兵、改憲、戦争国家作りに対する
怒りや、イラクをはじめ世界中の戦争犠牲者に対する心の痛みから平和を求める市民の
強い願いと行動の結晶です。・・・私たちは、のべ数万人との市民の対話で、その平和
の願いを耳と目と肌で感じてきました。そうして、憲法を生かし国際人道法に基づき、
市民の平和のうちに生きる権利を保障する条例を市民の手で創り出す決意が、市に届け
られたのです。・・・大津市長と市議会議員の皆さんは、こうした言葉と署名に表され
る主権者市民の意思を受け止め、市政に反映させなければなりません。(略)   

| | コメント (0)

2005年10月17日 (月)

会ニュースNO.36

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
大津市平和・無防備都市条例実現へ請求署名を大きく成功させよう!
大津市民の会ニュース   05/10/17 NO.36
(連絡先:〒520-0043 大津市中央4-1-14 ℡/FAX077-522-9898  会携帯090-7763-6507)
メール:muboubi-shiga@mbp.nifty.com 
ホームページ: http://muboubi-shiga.way-nifty.com/otsu/
         ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 《署名31日目》 署名終了! さあ条例実現の第二ステージへ
 10月16日の署名数1,002筆  合計11,541筆

 皆さん 街頭で職場で地域でサークルで、大変ごくろうさまでした
9/16のスタートから、1ヶ月間の署名期間を全力で駆け抜けてきました。市役所の署名
出発式から署名者が現れるという幸先のよいスタートを切り、晴天続きの9月、雨続き
の10月という状況の中で、疲れてへこたれそうになる時も、市民との対話と激励と声
援に元気をもらって署名を収集してきました。
 また、街頭だけでなく、多くの受任者の方が地域で職場で、サークルで、教会で、そ
して一人でも地域の商店前で立って署名を集めてくださいました。その結果署名数を着
実に伸ばし、法定数(大津市有権者の50分の1~4,800筆)の2倍、目標(2万
筆)の5割を大きく超える署名数(16日21時段階)を収集しました。今後21日の提
出までに、さらに多くの署名が事務所に集中されるに違いありません。

 この1ヶ月間の署名運動は、市民の中に脈々と息づいている平和の意識を大きく呼び
起こしました。それは署名収集という形で行動として現れ、憲法論議や軍隊のない社会
の是非の議論が起こり、平和への思いを共有しました。この署名簿に刻まれた11,5
41筆は、イラク派兵、改憲、戦争国家作りに対する怒りや、イラクをはじめ世界中の
戦争犠牲者に対する心の痛みから平和を願う強い市民の願いと行動の結晶です。
 今後、この署名を力に、条例実現へおおきく歩を進めましょう!

☆☆☆署名終了・条例実現のつどいから 参加者の声☆☆☆ 
・「地域を回ったが、反応がよく断られたのは2軒だけ。この署名の主旨をぜひとも生
かして欲しい」(120筆集めた受任者)
・「署名をやって、自分の思いが深まった」(一人でも街頭に立ち、署名をあつめた女
性)
・「無防備条例が大津で実現でき、大津市民であることを誇りに思えたらうれしい」(
街頭で近所で集めた受任者)
・「署名期間中、戦争の体験をよく聞いた。戦争のときのつらさに比べたら毎日街頭に
立つ苦労はなんでもない。他都市に胸はって話せるくらいのことを残したい」(請求代
表者)
   ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

署名は10月21日(金)に提出します
署名に託された市民の願いを条例として結実させましょう
☆☆16日までに収集した署名は18日(火)までに事務所に届くようご返送をお願いしま
す。
☆17日(月) 18日(火)両日は事務所に常駐します。お手元に署名がありましたら至
急届けてください。

※※※※※今後の予定※※※※※
10月17日(月)  9時~22時 署名整理作業 事務所  10月18日(火) 10
時~22時  同上
10月19日(水) 18時30分~署名整理作業 19時 第13回運営会議  事務所
10月20日(木) 18時30分~署名整理作業  事務所
10月21日(金) 署名提出行動 9時30分 市役所新館1階ロビー集合
             10時~  署名提出 選挙管理委員会(市役所新館6階)
                記者会見  13時30分~ 市政記者室 (市役所本館2階)

| | コメント (0)

2005年10月16日 (日)

会ニュースNO.35

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 大津市平和・無防備都市条例実現へ請求署名を大きく成功させよう!
大津市民の会ニュース   05/10/16 NO.35
(連絡先:〒520-0043 大津市中央4-1-14 ℡/FAX077-522-9898  会携帯090-7763-6507)
メール:muboubi-shiga@mbp.nifty.com 
ホームページ: http://muboubi-shiga.way-nifty.com/otsu/
    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 《署名30日目》  本日最終日 頑張るぞ
 10月15日の署名数 497筆  合計10,539筆

 昨日は朝から終日雨。署名場所を何度も変えて、大変苦労した一日でした。その反面
、事務所への郵送分や雨の中、徒歩や自転車、車で署名簿を届けに来てくださる方、署
名場所に届けていただいた方が多くあり、その署名は300筆を超えました。本日分は
497筆、合計10,539筆となりました。最後の署名日である今日一日精一杯頑張
り、限りなく20,000筆に近づけましょう!

☆☆☆無防備一口メモ☆☆☆ 軍隊のない国 世界につらなる無防備地域宣言運動

 署名を集めていると、「戦争は絶対ダメだけど、最小限の武力は必要では」とよく言
われます。しかし、武力で守ろうとすると相応の軍備を持たねばならず、軍備を維持更
新し必然的に軍拡となります。結局、軍備をもたず、非戦の地域(国)として戦争をなく
していくこと以外に住民の生命・財産を守ることはできません。世界には、コスタリカ
をはじめとして軍隊をもたない国が27カ国あります。
 それらの国は、一部を除いて民主主義国家であり、教育水準、平和の文化が意識され
、女性の権利がほかよりも保障されていると聞きました。その多くは小国であるが、厳
然として世界の中で軍隊をもたず存在しているという実例は、無防備地域宣言運動にと
って大きな展望となります。また、最大の軍備をもつ米国でも、バークレー市には非核
条例があり、世界では、様々な脱軍事化・非武装化を求める運動があります。無防備地
域宣言運動は、その一部分を構成するものだと思います。
 大津市平和・無防備都市条例署名は今日で終わりですが、明日から条例化へ向けて第
二ステージが始まります。グローバルに考え、ローカルに行動する、その入り口に立ち
ました。頑張るぞ!
  ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
  
 20000筆の目標へ平和の願いを束ねよう!

☆☆1時間でも2時間でも、最後の署名収集にお力をおかしください。
☆☆☆本日までに収集した署名は18日(火)までに事務所に届くようご返送をお願いし
ます。

 ※※※※※※※※本日 署名終了・条例実現のつどい※※※※※※※※ 
 19時~ 明日都(あすと)浜大津5階中会議室(京阪浜大津駅下車すぐ)
署名活動の一ヶ月間を振り返り、条例実現へ向けた取り組みを提案します。ぜひご参加
を!
請求代表人から
特別報告 戦争のない世界をIFC(イラク自由会議)とともに イラク市民レジスタ
ンス連帯委・滋賀 

本日・最終日(10/16)の署名場所(予定)

10月16日(日) 10時~17時 
※天候や署名収集の状況により場所の変更がありますので、必ず事務所に確認してくだ
さい。
○健康フェスタ会場(皇子が丘公園14時頃まで) 15時よりジャスコ西大津店(J
R西大津駅徒歩3分)
○西武大津店(JR、京阪膳所駅下車徒歩5分) 
○ミニコープ西大津店(京阪南志賀駅徒歩10分)

| | コメント (0)